札幌地域労組・恵友会支部ストライキ敢行

札幌地域労組・恵友会支部ストライキ敢行

社会福祉法人札幌恵友会の健全化・民主化闘争は、常識の斜め上をいく悪質な経営をしていた理事長と専務理事を退陣へ追い込んだものの、その後、無情にも更に怪しいグループが理事として入ってきました。

この怪しい理事たちを操るのは、1000万円の架空請求による保険医停止処分をされた医師・藤井伸一氏です。

このような状況はまるで、法人の健全化を目指した道庁による改善命令を、あざ笑うかのようです。(藤井伸一氏プロフィールは >こちら<)

ですが、このような人達は、往々にして闘い(組合活動)を活気づけてくれます。

 

札幌地域労組・恵友会支部ストライキ始めます!

6月16日、社会福祉法人札幌恵友会においてストライキ支援集会を開催しました。

労働者、利用者の為に系統の違う労働組合も多数駆けつけてくれました。(マスコミも多数取材に駆けつけてくれました)当日は、強風の中で旗が良くなびき、組合員の士気を上げてくれました。

全国に前例がない4回目の改善命令を受けたばかりの理事会は、改善命令を履行できないままですが、組合のストに「強く抗議する」と示しました。

組合が争議行為として設置した懸垂幕や10本ののぼり旗は、夜になって全て撤去されてしまいました。組合が前理事長と専務理事を追い出したあと、新たに投入された理事らは、なかなか強気の様子です。

益々ブラック企業化する札幌恵友会ですが、この悪徳経営者をいかにして追い出すか見ていてください。団結の“剣”を使って、ブラック企業に民主主義を持ち込みます。

不祥事がずっと続いてきた社会福祉法人が3月に出された道の改善命令によって健全化できるのか、今後も悪徳経営者に牛耳られていくのか、いま、札幌恵友会は岐路に立っています。

介護施設の職員自らが民主主義を職場に確立しようとする闘いを、ぜひ支援してください!

活動報告カテゴリの最新記事

Translate »